▶ メインページ
▶ 取り扱い業務
▶ スタッフ紹介
▶ 事務所のご案内
▶ お問合せ
▶ 任意整理
▶ 過払い金
▶ 自己破産
▶ 個人再生
▶ 相続登記
▶ 相続放棄
▶ 遺産分割
▶ 遺言検認
▶ 遺言作成
▶ 遺言執行
▶ 預貯金解約・名義変更
▶ 海外口座解約・海外相続
▶ 海外提出書類の翻訳認証
▶ 自動車名義変更
  車庫証明
▶ 抵当権抹消
▶ 売買・贈与
▶ 氏名・住所変更
▶ 抵当権設定
▶ 会社設立
▶ 商業登記
▶ 成年後見
▶ 建設業許可(新規)
▶ 建設業許可(更新)
▶ 変更届
▶ 事業年度終了報告書
  決算届
▶ 宅建業許可
▶ 産業廃棄物収集運搬許可
▶ 通所介護指定申請
  (デイサービス)
▶ 訪問介護指定申請
▶ 有料老人ホーム設置届
▶ 風俗営業許可・
  深夜酒類提供届出
▶ 飲食店営業許可
▶ 離婚協議書
▶ 養育費
▶ 財産分与
▶ 年金分割
▶ 慰謝料
▶ 離婚調停
▶ 内容証明
▶ 訴訟・裁判




司法書士 行政書士
春日部市民法務事務所
所在地
【春日部オフィス】
 〒344-0065 
 春日部市谷原2-7-8
 サンヴェール春日部111

【さいたま大宮オフィス】
 〒330-0841
 埼玉県さいたま市大宮区
 東町1-89-9-303
営業時間
平日 9:00~18:00

※時間外、土・日・祝日の相談も可能です。お気軽にご相談ください。


任意整理とは
任意整理とは、裁判所等を利用せず、司法書士等の法律専門家が依頼人である債務者の代理人として、債権者(消費者金融業者・クレジット会社等)と和解交渉を行っていきます。

だいたい3年から5年程度の分割払いの和解交渉を行い、その和解内容に従って返済をしていく手続きです。

債務整理に関する質問などございましたら、いつでお気軽に、電話・メールにてお問合せください。
任意整理のメリット
取り立ての最速がすぐに止まります
司法書士が事件を受任した旨を債権者に書面で通知を行えば、債権者は依頼人への直接の催促をすることができなくなります。
自宅・携帯電話・職場等への直接取り立ての催促等が完全に止まるため、それまで精神的に追い詰められた状態、物事を冷静に考えられなかった状態から、解放されることになります。
司法書士にほとんどの手続きを任せる事ができます
上記のとおり、任意整理手続きは司法書士が和解交渉を行う手続きですので、破産・個人再生手続き等では依頼人自身で書類を沢山用意していただくことに比べると、依頼人の手続きに対する負担は非常に少ないといえます。
借金の現在金額(借入元本及び利息)が大幅に減る可能性が高いです
利息制限法という法律では、借入金の金利の上限が借入金の金額に応じて定められています(借入金が10万円未満の場合=年率20%、10万円以上100万円未満の場合 年率18%、100万円以上の場合=年率15%)。
長期間消費者金融等から借金を行っていた場合、この上限金利を超過する金利での返済を行っていた場合が多く、今まで上限金利を超過して払い続けていた金利分の金額を、現在の借入残高に充てることにより、現在の借入残高が大幅に減額される可能性があります。また長期の取引を行っていた場合、借入残高が0になり過払い金が発生している可能性もあります。
和解成立後の将来利息が発生しません
任意整理による和解成立後、分割の返済を行うことになりますが、この期間については原則として将来利息が付されないことになります。
例えば借入残高が100万円で利息が年率29.2%の場合、1年間で発生する将来利息は単純計算で約29万2000円です。月々2万円づつ返済をおこなったとしても、年間24万円にしかならず借入金は全く減らないことになります。

計算式 (100万「元金」+29万2000「利息」)−24万=105万2000円

しかし、将来利息が一切発生しないということであれば、返済した24万円が全て借入金から減額されることになりますので、大幅に借入金が減額されます。

計算式 (100万「元金」+0「利息」)−24万=76万円

つまり借入金額が大きければ大きいほど、将来利息カットの効果が高いといえます。

※ただし、平成22年4月27日現在、一部の債権者については将来利息カットの内容による和解に応じない場合があります。
任意整理のデメリット
新規のカード等の借入が困難になる場合があります
任意整理手続きを行った場合、信用情報機関へ依頼人の情報が搭載され、手続き以後約数年間、住宅ローン、マイカーローン、カードローン等の新規借り入れ手続きが行えなくなる場合があります。
保証人に迷惑がかかる場合があります
借金の借り入れの際、保証人を立てている場合、上述したとおり任意整理の手続きを開始した時点から、債権者は依頼人に対して取り立てを行うことができなくなります。
その結果、債権者が保証人に対して代わりに一括して支払うよう請求することになります。
ですから、保証人に迷惑がかからないよう任意整理手続きを行うに際しては、保証人も一緒に打ち合わせをする必要があるといえます。
返済可能金額を超過した場合、手続きができない場合があります
通常任意整理手続きの返済期間は3年から5年程度とされています。この期間中に借入金の総額を返済できない場合、任意整理手続きを行うことは難しいといえます。

例えば、支払総額が180万円、返済期間5年とした場合

  計算式 (180万「支払総額」÷60「支払回数」)=3万円(月々の返済金総額)

つまり、最低毎月3万円を5年間継続して支払い続けられるだけの経済的余裕がなければ、総額180万円の債務がある場合に任意整理手続きを行うことは難しいといえます。このような場合、後述する破産手続き、個人再生手続きを行うことを検討することになります。


手続きの種類・費用
項    目 報    酬
債権者1社につき 3万円(税別)
減額報酬 無  し
事務手数料
(通信費含む)
1社~5社まで 1万円 (税別)
6社~10社まで 2万円(税別)
※報酬金は分割払い可能です。お気軽にご相談ください。

手続きの流れ


①電話・メールでのお問い合わせ

②面談でのご相談、お申込

③介入通知の発送

④債権の調査・確定

⑤和解案の作成

⑥和解案を各債権者と交渉

⑦合意・和解契約の締結

⑧返済開始
※手続の種類によって、流れの違う場合があります。
 詳細は、お気軽にお問い合わせください



司法書士法人 春日部市民法務事務所  司法書士 さいたま市民法務事務所  主要営業エリア

■埼玉県■
春日部市、さいたま市大宮区、さいたま市見沼区、さいたま市岩槻区、さいたま市緑区、さいたま市浦和区、さいたま市北区、さいたま市中央区、さいたま市西区、さいたま市桜区、越谷市、松伏町、杉戸町、宮代町、白岡町、幸手市、鷲宮町、栗橋町、菖蒲町、伊奈町、蓮田市、久喜市
■埼玉県■ 
さいたま市(見沼区、緑区、浦和区、大宮区、北区、中央区、西区、桜区)、蓮田市、久喜市、幸手市、鷲宮町、栗橋町、菖蒲町、伊奈町、吉川市、草加市、北川辺町、大利根町、騎西町、川口市、蕨市、戸田市、川越市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、熊谷市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、本庄市、東松山市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、加須市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、ふじみ野市、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、美里町、神川町、上里町、江南町、寄居町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村

■千葉県■ 
流山市、松戸市、野田市、市川市、柏市、鎌ケ谷市