▶ メインページ
▶ 取り扱い業務
▶ スタッフ紹介
▶ 事務所のご案内
▶ お問合せ
▶ 任意整理
▶ 過払い金
▶ 自己破産
▶ 個人再生
▶ 相続登記
▶ 相続放棄
▶ 遺産分割
▶ 遺言検認
▶ 遺言作成
▶ 遺言執行
▶ 預貯金解約・名義変更
▶ 海外口座解約・海外相続
▶ 海外提出書類の翻訳認証
▶ 自動車名義変更
  車庫証明
▶ 抵当権抹消
▶ 売買・贈与
▶ 氏名・住所変更
▶ 抵当権設定
▶ 会社設立
▶ 商業登記
▶ 成年後見
▶ 建設業許可(新規)
▶ 建設業許可(更新)
▶ 変更届
▶ 事業年度終了報告書
  決算届
▶ 宅建業許可
▶ 産業廃棄物収集運搬許可
▶ 通所介護指定申請
  (デイサービス)
▶ 訪問介護指定申請
▶ 有料老人ホーム設置届
▶ 風俗営業許可・
  深夜酒類提供届出
▶ 飲食店営業許可
▶ 離婚協議書
▶ 養育費
▶ 財産分与
▶ 年金分割
▶ 慰謝料
▶ 離婚調停
▶ 内容証明
▶ 訴訟・裁判




司法書士 行政書士
春日部市民法務事務所
所在地
【春日部オフィス】
 〒344-0065 
 春日部市谷原2-7-8
 サンヴェール春日部111

【さいたま大宮オフィス】
 〒330-0841
 埼玉県さいたま市大宮区
 東町1-100-3
営業時間
平日 9:00~18:00

※時間外、土・日・祝日の相談も可能です。お気軽にご相談ください。


海外に提出する書類の「認証手続き」でお困りの方

書類の翻訳、公証役場での認証、外務省のアポスティーユ・公印確認、駐日大使館の領事認証の申請代行、書類作成、発送はお任せください!


こんなときに・・・
●海外口座の相続手続きしたい
●海外口座(銀行・証券等)開設、解約したい
●海外滞在のためのビザ取得に必要
●申請書類(英語)に記入したものを認証してくるように言われたが、どう記載していいかわからない


翻訳認証のご案内

海外の口座解約をする場合、銀行・証券会社などの金融機関から、戸籍謄本・住民票・死亡証明書、遺産分割協議書・遺言書・水道料金公共料金の明細書・パスポート・運転免許証などの提出を求められることがあります。
その際、日本語で書かれた原本に加え、
翻訳した文書及び、原本を正しく翻訳した文書であるという公証役場や外務省、大使館での認証が必要となる場合があります。

たとえば公証人の認証の場合は、翻訳者が公証人の面前で自己の翻訳する能力の宣誓及び誠実に翻訳したことを宣誓して
翻訳者と公証人がともに署名をしてこの宣誓書に翻訳物を添付して認証書類です。
戸籍や住民票などは独特の用語がつかわれているので忠実に翻訳することは、慣れていない方に難しいでしょう。
 当事務所では、書類の翻訳については、原則、原本と同じフォーマットで翻訳します。
(※翻訳後の字数の影響でレイアウトを変更したり、ページが増えたりする場合もございますが、極力、原本に近い書式で作成いたします)

認証の注意点として、認証された文書の提出を求めている機関(政府機関、会社、学校、金融機関等)が
どの文書について、誰の認証を求めているのかをよく確認することが必要です。
せっかく公証人の認証をしてもらったけど、「認証してもらう書類が足りなかった!」とか、「公証人の認証だけでなくアポスティーユ認証も必要だった!」ということになってしまうと、2度手間だけでなく費用も余計にかかってしまいます。
英語が苦手な方ですと、うまく相手方の海外金融機関とのやりとりができず、必要書類の特定や誰の認証が必要なのかを正確に確認することが大変かもしれません。

当事務所では、書類の翻訳(英訳)、誰の認証を求められているのかの確認も含め、公証役場での認証、外務省の認証(公印確認)・アポスティーユ認証、駐日大使館・領事館での領事認証が必要な場合、当事務所がサポート代行いたします。

<注意事項>
文書の提出先により,文書を要求する意図が異なる場合があります。
文書提出先の要望(
誰の、何についての、情報が載っている書類を要求されているのか)
を詳しく聞き出してご依頼くださいますようお願い申し上げます。
(たとえば、「死亡証明書」を認証してくるように・・・と言われることがありますが、死亡証明書という名称の書類は日本には存在しません。該当するとすれば、死亡日の記載のある書類「死亡診断書」「戸籍・除籍」「死亡届書記載事項証明書」「住民票」が考えられます。先方が意図していた死亡証明書というものは、死亡者の出生・婚姻・死亡日の記載があるものを意図していたとすると、この場合「戸籍・除籍」を選択して提出しないと、情報が不足するため書類の再提出を求められ費用・時間がさらにかかってしまいます。)
というように、書類の特定は意外に難しいものです。
もし,言語等の問題で,現地(提出国)の要求内容が分かりにくい場合は,当方から翻訳に関する書類作成について現地へ連絡をとることもが可能ですので、お気軽にご相談ください。




手続きの種類・費用
項    目 報    酬 実    費
書類の翻訳
(日本語→英語)
戸籍謄本・抄本
住民票
死亡診断書(死亡証明書)
遺産分割協議書 
公共料金請求書 等
1頁につき7000円(税別)
国際電話通話料金
エアメール郵便代
■公証人の認証



■外務省の認証
(公印確認)


■アポスティーユ認証



■駐日大使館・領事館
での領事認証
公証役場認証のサポート代行
(宣言書の作成含む)
17,000円 (税別)

公証役場認証のサポート代行
+アポスティーユ認証
22,000円 (税別)

外務省アポスティーユ認証の
サポート代行
22,000円 (税別)

領事認証のサポート代行
25,000円 (税別)

公証役場認証+領事認証の
サポート代行
30,000円 (税別)

外務省の公印確認+領事認証の
サポート代行
30,000円 (税別)
公証役場における
日本語文書の認証手数料
5,500円

公証役場における外国語で
書かれた文書の認証手数料
11,500円

外務省の公印確認・
アポスティーユ認証
無料

大使館での領事認証手数料
数千円
(※国・大使館によって異なります)
※必要書類の収集・書類の認証手続きで発生する通信費・交通費などの実費は別途かかります。
※詳細は、お気軽にお問い合わせください。

手続きの流れ


①初回相談・ヒヤリング
(何の書類の翻訳が必要か? どこの認証が必要か?)

②翻訳認証が必要な書類を郵送して下さい

③必要書類を英訳し書類作成

(認証が必要な場合)
④公証役場・外務省・大使館・領事館で英訳書類の認証

⑤翻訳認証した書類の発送

⑥手続き終了

 司法書士春日部市民法務事務所は春日部市を拠点とした埼玉県春日部市の司法書士事務所です。
過払い金請求・債務整理・自己破産・個人再生・借金問題についてご相談ください。



司法書士法人行政書士春日部市民法務事務所 主要営業エリア

■埼玉県■
春日部市、さいたま市大宮区、さいたま市見沼区、さいたま市岩槻区、さいたま市緑区、さいたま市浦和区、さいたま市北区、さいたま市中央区、さいたま市西区、さいたま市桜区、越谷市、松伏町、杉戸町、宮代町、白岡町、幸手市、鷲宮町、栗橋町、菖蒲町、伊奈町、蓮田市、久喜市
司法書士春日部市民法務事務所 営業エリア

■埼玉県■ 
さいたま市(見沼区、緑区、浦和区、大宮区、北区、中央区、西区、桜区)、蓮田市、久喜市、幸手市、鷲宮町、栗橋町、菖蒲町、伊奈町、吉川市、草加市、北川辺町、大利根町、騎西町、川口市、蕨市、戸田市、川越市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、熊谷市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、本庄市、東松山市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、加須市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、ふじみ野市、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、美里町、神川町、上里町、江南町、寄居町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村

■千葉県■ 
流山市、松戸市、野田市、市川市、柏市、鎌ケ谷市